チェーン規制時にスタッドレスではダメ?北海道民が着用義務化に困惑する理由

追記:今シーズンの北海道での「チェーン着用義務化」は中止されました!

大雪時に出る「チェーン規制」の内容が、2018年12月から変更される見込みになりました。内閣府と国土交通省が「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」の一部改正を行うと告知したのです。このことがTwitterなどのSNSを中心に話題になっています。

これまではスタッドレスタイヤを履いていれば、チェーン規制が行われている区間でも問題なく走ることができていました。

ところが今冬からはスタッドレスタイヤを着用していたとしても、タイヤチェーンが必着となる予定です。

この問題は特に北海道や東北などの雪国ドライバーからの反応が大きいです。しかもその反応はポジティブなものではありません。SNSに投稿されている内容を見ると、戸惑いや困惑、怒りの声の方が大きい状況です。

雪国のドライバーはいったいなぜ今回の改正を批判しているのでしょうか?

この記事では、管理人が北海道のいちドライバーとして着用義務化に困惑している理由をまとめてみます。

スポンサーリンク

チェーン着用は大雪時に効果がない

最初に結論から述べます。

北海道民が困惑している理由は、大雪時にチェーンを着用してもまったく効果がないからです。今回の改正が提案している手段は、渋滞解消や走行困難車両の解消という目的とマッチしていません。

そのことを以下で一つずつ説明していきます。しっかし、法規制目的と規制手段の間に因果関係がないとか、どうなってるんですかね……

タイヤチェーンは凍結路面を走行するためのもの

まず大前提として、「チェーン規制」は大雪時に出されるものです。「大量の積雪によってサマータイヤではスタックしてしまい通行が困難になるのでチェーンを着用しなさい」という意図で今回の改正が提案されています。

しかしこの「大雪時にチェーン着用」という前提自体が、チェーンの使い方を間違っているのです。タイヤチェーンは積雪量が多いときに使うのではなく、路面が凍結しているときに使用するものだからです。

氷の表面が溶けて水になるとタイヤがグリップしなくなる、それを防ぐためにタイヤチェーンを着用します。除雪されていない積雪路面を走行するために使用するものではないのです。

大雪で除雪されていない路面なら、そもそもチェーンを着用したところで走れませんからね。そして除雪車が入るなら、スタッドレスタイヤで十分です。

大雪で立ち往生する理由は積雪じゃなくてホワイトアウト

北海道で近年起こった車が立ち往生するような大雪の場合、チェーンは無力です。なぜなら問題は路面の積雪ではなく、視界が吹雪で真っ白になるホワイトアウトだからです。

大雪でタイヤが滑るから動けなくなるのではありません。視界が悪すぎて動けないのです。

チェーンよりもスコップ搭載が重要

そもそも路面の雪でタイヤが空転するような状況になったら、普通の道民は車に積んであるスコップでタイヤ周りの雪をかきます。それで大抵の状況は脱出できます。

むしろスコップを載せずに大雪の中走るドライバーの方が問題です。

交通状況を改善しようと思うなら、チェーンよりも雪かき用のスコップのほうが重要だと思います。

チェーン着用義務化のデメリット

チェーン着用義務化には大きなデメリットがあります。

チェーン交換のために渋滞発生

仮にチェーン着用が義務化されたとすると、むしろ渋滞発生が今より増加するでしょう。

チェーン着用中の自動車は時速40キロ程度しかスピードが出せません。あまり速度を上げるとチェーン自体が壊れてしまいます。すると普段からチェーンを付けるわけにもいかないので、どうしても規制区間の直前で着用することになるでしょう。

スペースが確保できるなら良いのですが、そうでないなら規制区間直前の道路はチェーン着用のための順番待ち車両で溢れてしまいます。渋滞の発生です。

もっとも、これは北海道よりも本州で頻発しそうな問題点だと思います。北海道の場合はそもそも規制区間に突入する車両が渋滞になるほどいるのか、という人口密度の違いがあるので。

チェーンは路面に悪影響を与える

意外と盲点になっているのが、路面に与える悪影響です。

圧雪アイスバーンの場合が顕著ですが、チェーン走行すると路面の雪は削られます。するとどうしても凸凹路面になってしまいます。

この凸凹路面は後続ドライバーにとって嫌なものです。特に翌日以降の凸凹路面は走りにくくて嫌になります。

タイヤチェーンによってアスファルトが削られるのも無視できません。現在の状況でも雪解け直後の道路はダメージが酷く、路面のひび割れや穴が目立つ状態になります。それが着用義務化ともなれば、現在よりもアスファルトへのダメージは遥かに大きくなるでしょう。

雪解け後にきちんと道路整備が行われればよいのですが、そうでなければ穴の空いた悲惨な道路を走ることになります。雪国は過疎地域も多くて税収も少ない中で除雪費用を負担しているのに、さらに工事費まで増加するのではやってられないですよ。

北海道ですらスタッドレスタイヤで十分な効果

道産子ドライバーには「そもそもスタッドレスタイヤで十分ではないか」という意識があります。

北海道ではチェーンを付けて走っている車は、大型トラックなどのごく一部の大型車両しかありません。普通のドライバーはチェーンを所持していませんし、付け方も知らないはずです。

それで全く問題が起こっていませんし、本州のような「雪でタイヤがスタックして立ち往生」なんて状態もほとんど聞きません。北海道ですらスタッドレスタイヤで十分なのです。

ついでに言うと、「チェーン規制」なんて言葉も聞きません。私はこのニュースで初めて聞いたくらいです。北海道ではほとんど耳にしません。

北海道ではスタッドレスタイヤ着用と定期的な買い替えが常識

北海道でチェーン規制が不必要な理由は、北海道のドライバーにとってスタッドレスタイヤに交換するのは常識レベルのことだからです。交換しないで走るドライバーなどほとんどいません。危険過ぎますからね。

スタッドレスタイヤは通常3年から4年で寿命を迎えます。道民の多くはきちんとタイヤのグリップ力を確認して、適切なタイミングでタイヤを買い替えます。自分の命がかかっているわけですから、さすがに真剣度が違います。

スタックして立ち往生する車両は、冬用のタイヤに変えていないとか、スタッドレスタイヤが古くなって劣化してたという場合がほとんどでしょう。北海道のドライバーにとってはありえない状況です。

もしも本州のドライバーが道民並みにスタッドレスタイヤへの意識が高かったら、大雪でスタックして大規模立ち往生なんて事態は起こらなかったでしょう。

スポンサーリンク

スタッドレスでもスタックするのはタイヤ以外の問題

北海道民の目線からすると、そもそもスタッドレスタイヤでもスタックする状況では、タイヤ以外に問題があるように思えてなりません。

除雪環境の整備が先

既に書きましたが、適切な除雪がなされていればスタッドレスタイヤでスタックするようなことはありません。除雪されていればチェーンは不要なのです。

そして大雪なのに除雪されていない路面では、チェーンを付けていても走行が困難になります。

こうして考えてみると、重要なのは自治体がきちんと除雪してくれているか否かです。チェーンの有無ではありません。

北海道の自治体は除雪費用の負担に喘いでいます。200万人の人口を誇る札幌ですらそうです。人口の少ない地域の自治体はなおさらでしょう。国はむしろ雪国の自治体に予算を増やしてあげればいいのに、と思います。

ドライバーの積雪路面での運転技術が未熟

これは慣れの問題もあるのですが、本州のドライバーが単純に積雪路面に慣れていないからスタックするのだと思います。乾燥路面と同じようにタイヤが路面をグリップすること前提で運転していては、いくらスタッドレスタイヤを履いていても問題が起こります。

雪道には雪道の運転の仕方があるのです。

雪道をサマータイヤのまま走ろうとするドライバーがいるのも問題です。それでスタックするのは当然としか言えません。

こうした問題に対処しようとするなら、必要なのは全国一律のチェーン義務化ではなく、雪国以外のドライバーに対する啓蒙活動でしょう。

仮に義務化するとしても、チェーンではなくスタッドレスタイヤへの交換を義務化すべきです。その方が路面への悪影響や、チェーン着用のための渋滞発生を回避できます。

まとめ

  • チェーンは大雪のときにつけるものではないので、立ち往生解消にとって有効ではない。
  • チェーンは路面への悪影響や渋滞発生のデメリットが大きい。
  • 北海道ですらスタッドレスタイヤで十分なので、こちらを義務化した方が良い。
  • そもそも雪道に対するドライバーへの啓蒙活動や適切な除雪の方が重要。

まあスタッドレスタイヤをつけててもスタックするような大雪なら、通行止めにするのが正解だと思いますけどね。逆に通行止め不要なレベルなら、スタッドレスタイヤで十分です。

あとは、雪道を運転するならFFではなく4WD車を選んだほうが良いことくらいでしょうか。これについては下記の記事に詳しく書きました。

⇒ 雪道は4WDが必要!北海道民が四輪駆動車を購入する理由とは?

雪国ドライバーの率直な意見を政府が聞き入れてくれるといいのですが。

追記:北海道でのタイヤチェーン義務化が中止に

2018年12月6日の北海道テレビのニュース報道によれば、道内におけるタイヤチェーン着用義務化が今シーズンは中止されることになったそうです!

今回の問題で、国は「大雪で立ち往生が懸念される高速道路や国道の一部区間」でのタイヤチェーン着用を義務化する方針でした。そこで北海道開発局もその方針に従って着用義務化区間を検討していたそうですが、最終的に以下のような結論を出しました。

スタッドレスタイヤが普及していることや、スリップよりも暴風雪に伴う視界不良が立ち往生の主な原因であるなど「本州と状況が異なる」として、今シーズンの実施を見送ることを決めました。

引用元:<北海道>冬季のタイヤチェーン義務化 道内実施は見送りに

まさに道内のドライバーが主張していたことですね。北海道開発局はさすがに道内に住んでいるので、現場の状況がわかっているみたいです。

ただし来年以降はあらためて検討するとのことですから、今後の流れについても注意深く見守りたいと思います。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

最新記事

  1. 七草が籠に乗せられている

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 七草が籠に乗せられている

    北海道では七草粥を食べない?その理由を道民が解説

  2. 札幌雪まつり2019完全ガイド!おすすめイベントやグルメなど見どころも紹介

  3. 大沼公園の紅葉が見ごろを迎える時期は?おすすめ散策ルートも写真付きで解説

ページ上部へ戻る