菅原忠広社長が経営する小樽の建設会社はどこ?倒産の可能性も?

北海道小樽市内で現在話題になっている建設会社の事件ですが、事件現場となった会社はどこなのでしょうか?

今のところニュース等ではっきりと報道しているところが見当たらないので、独自に調べてみました。

スポンサーリンク

問題の建設会社はどこ?

ニュース報道から読み取れる、現場を特定するため情報はいくつかあります。

第一に、「小樽市新光5丁目」にある建築会社であることです。

これは検索エンジンを駆使すれば簡単に情報が得られます。

とはいえ、該当する建設会社は複数あるので、さらに絞り込む必要があります。

第二に、社長の名前が菅原忠広であることです。

この情報を元に、小樽市新光5丁目にある建設会社のサイトを逐一チェックして社長の名前を確認した結果、該当する会社が一つだけありました。

それが「(有)広建設」です。

「広建」とか「ヒロケン」で検索すれば出てきますね。

会社の住所は「北海道小樽市新光5丁目5-5」であり、すぐ近所には新光南会館がある場所です。

ストリートビューの写真を見たところ、問題となっている車庫も写っていました。

どんな建設会社なのか?

この有限会社「広建設」はどんな会社だったのでしょうか?

会社の公式サイトは存在していないようですが、いくつかのタウンサイト等に情報が掲載されていました。

それをチェックしてみたところ、住宅のリフォーム等を請け負っている会社みたいです。

介護リフォームやオール電化等のほか、住宅の修繕などが主な業務だったみたいです。

もちろん新築工事も請け負っているようです。

ただ、ウェブサイトを見た感じだとリフォームの方に力を入れている印象を受けました。そっちのほうが需要があるのかもしれません。

また、冬季には除雪や排雪といった仕事も請け負っていたようで、地域に根ざした活動をしていたように見受けられます。

スポンサーリンク

会社が倒産する可能性も?

社長が逮捕されてしまったことで、今後の経営状態が気になりますね。

業務がしばらく滞らざるをえないのは間違いありませんし、現場が会社の敷地内だけに、他の社員がいても仕事にならないと思います。

それに業務再開したとしても、会社に対するイメージ悪化も懸念されますね

地域の人からしても、中々仕事を頼みにくいでしょう。

下手をするとこのまま経営状態が悪化して倒産する可能性も考えられますね。

顧客が損害賠償訴訟を起こすかも?

無関係の従業員もかわいそうですが、それ以上に気の毒なのは顧客の方ですね。

特に住宅リフォーム中だったり、新築住宅を建設中の人は本当に災難です。

このまま業務が滞ることになったら、その間のアパート代等の余計な出費もかかります

まして会社が倒産することになれば、工事が完了しないままという可能性だってありそうです。

そうなったら民事訴訟を起こすしかないでしょうし、余計な心労と手間がかかりますよね。

まあ、これは最悪の想定ですけど……。

警察の捜査いかんではこういう風に事態が進む可能性も考えられます。

今後の展開に注目ですね。

関連記事⇒  菅原忠広容疑者と相川弘美容疑者を逮捕!車庫に従業員遺棄?

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

最新記事

  1. 七草が籠に乗せられている

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 七草が籠に乗せられている

    北海道では七草粥を食べない?その理由を道民が解説

  2. 札幌雪まつり2019完全ガイド!おすすめイベントやグルメなど見どころも紹介

  3. 大沼公園の紅葉が見ごろを迎える時期は?おすすめ散策ルートも写真付きで解説

ページ上部へ戻る