門前嶺容疑者が北斗市野崎墓地で十字架を引き抜き逮捕!礼拝所不敬罪とは?

  • 2016/3/13
  • 門前嶺容疑者が北斗市野崎墓地で十字架を引き抜き逮捕!礼拝所不敬罪とは? はコメントを受け付けていません。

先ほど呆れてしまうようなニュースが流れていました。

函館市内に住む無職男性が、北斗市内にある墓地の十字架を引き抜いてフェイスブックにアップしたため逮捕されたというのです。

いったいどういうことなのでしょうか?

また、この行為が「礼拝所不敬罪」に該当すると報じられていますが、一体どんな犯罪なのでしょうか?

事件の詳細

今回逮捕されたのは、函館市大森町に住む20歳の無職、門前嶺容疑者です。

フェイスブックのプロフィール写真から判断すると、よくいる派手な金髪の若者に見えます。

この髪だとアルバイト等も難しそうですし、おそらく親の脛をかじってる状態なのでしょうね。

肝心の逮捕容疑ですが、2015年8月12日に北斗市野崎にある野崎墓地にて、墓標である木製の十字架1本を引き抜いたというものです。

北斗市野崎地区といえば神社やお寺、霊園などがあるあたりですね。

木々も多くて、夜は暗く不気味な雰囲気になるところもあります。

容疑者もやはり友人と肝試しのために墓地に侵入したみたいですね。

そしてふざけて墓標の十字架を引き抜き、その写真をフェイスブックにアップしたとのことです。

普通に考えたら、他人の墓標を引き抜いたらまずいことくらい想像できそうなものですが……

しかもその写真を堂々と誰もが見られるSNSにアップロードするなんて、本気で何も考えていなかったのでしょうね。

正直なところ、20歳にもなって愚かすぎるなと思います。

警察が今回の件を察知したのも、ネット上の写真を見た人が通報したからだそうです。

これに懲りたら、今後はもう少し考えて行動して欲しいですね。

礼拝所不敬罪とは?

さて、それでは今回適用された「礼拝所不敬罪」とは、一体どういう犯罪なのでしょうか?

これは刑法188条第1項に規定された犯罪類型です。

同条は次のように規定しています。

「神祠、仏堂、墓所その他の礼拝所に対し、公然と不敬な行為をした者は、六月以下の懲役若しくは禁錮又は十万円以下の罰金に処する。」

こうした行為を何のために犯罪として規制しているのかというと、簡単にいえば「国民の宗教的感情」を保護するためです。

我々日本人は普通、こういった宗教的施設に対して崇敬の念を持っています。

そうした宗教的感情を守るために、一般人が宗教的感情を持っているような施設に対する不敬な行為を取り締まろうというのが本罪の趣旨です。

今回は墓標である十字架を引き抜いたわけですから、墓所に対して公然と不敬な行為をした事になりますね。

ちなみに、「公然と」というのは、別に衆人環視のもとで行われる必要はなく、その行為の結果が後に公衆に知覚されうる状態になれば足ります

十字架を引き抜いて放置していたなら一発でアウトでしょうし、元に戻していたとしても、おそらくフェイスブックに写真を公開していたらアウトでしょうね。

まあ、罰則が器物損壊等よりも軽い礼拝所不敬罪を適用していることから考えて、おそらく十字架を壊したりはしていないのでしょう

(もし壊しているなら、器物損壊で逮捕するでしょうから)

にもかかわらず、半年以上経過してから逮捕されてこれだけ大きなニュースになったのは、何かしら理由がありそうですね。

あくまでも私の想像ですが、被害を受けた墓地側はこの手の悪戯が頻発していて辟易しているのかもしれません

そのため、「見せしめ」のように逮捕されたのかもしれませんね。

まあ、いずれにせよ実際に犯罪に該当する行為をしているのですから、容疑者は強く反省するべきです。

おわりに

今回はフェイスブックでしたが、本当にSNSの投稿が切っ掛けで犯罪行為が露見することが増えてますよね。

写真を投稿する前に、それが問題にならないかと考えられないのでしょうか?

まあ、そういうことが考えられないから、犯罪に該当するような問題行為をして写真に撮っておくのでしょうけど……。

【北斗市関連記事】
⇒ 佐々木郁弥容疑者と被害者の接点は?北斗市の事件の真相を考察
⇒ 北斗市の北海道新幹線線路に無線飛行機が落下!再発防止策は?

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 大沼公園の紅葉が見ごろを迎える時期は?おすすめ散策ルートも写真付きで解説

  2. 函館山と羊蹄山を一望できる絶景スポット!きじひき高原の見どころやアクセス方法

  3. 新函館北斗駅でずーしーほっきーの田んぼアートが見える場所は?いつまで見られる?

ページ上部へ戻る